外貨預金あれこれ

資産の運用には、銀行預金や不動産、株、投資信託のほかに、外貨預金があります。
外貨預金のメリットは、日本より金利が高いことです。日本が円高の時に外貨に交換し、円安の時に日本円に戻すことで、生まれる利益を為替差益といい、金利の高さに並ぶ外貨預金のメリットになります。
しかし反対に、円高と円安のバランスが良くなかったら、為替損益が生じます。加えて為替手数料が高いことと、定期の場合に解約する際に、解約手数料がかかるということがデメリットになるでしょう。
為替手数料は、円→アメリカドル→円と戻した場合は2円かかることになるので、下手をすると金利より高くつくこともあり、場合によっては元本割れする可能性も。円高円安の状況をうまく見極める必要があります。

Leave a Reply